So-net無料ブログ作成

焚火台のお供にジカロテーブル? [ ┣ テーブル・チェア]

さて、パロインに間に合ったジカロテーブル。
実戦投入する前に簡単にレビューを。


20141020_231008.JPG

【送料無料】Snow Peak(スノーピーク) キャンプ用品 ジカロテーブル ST-050



ジカロテーブルは、4分割されたテーブルトップの向きを変えることで外径サイズがチェンジできます。

これは小さい方。(メーカーは剛炎セッティングと言ってますね)


まずは組み立てるところから始めましょう。


20141020_231618.JPG

4枚のテーブルトップそれぞれに脚を取り付けます。
取り付け自体は力もいらず簡単に嵌りますが、4枚分だとちと面倒。


20141020_231839.JPG

4枚のテーブルトップはU字の溝を接続ボルトネジに引っかけ、ネジを締めて固定します。
この作業自体は簡単ですが、4枚分だとt(ry


20141020_232829.JPG

収納は脚を2本ずつ下がXになるように重ね、その間にテーブルトップを挟み込みます。(買ったばかりなので梱包のダンボールで養生w)

この状態を付属の収納ケースに収めるのですが、これがまた大変。
キチンと固定されているわけではないので、適当に持つとガシャンと崩れちゃいます。
対面の足を手のひらで鷲掴みするようにし、脚でテーブルトップを挟むように持ち上げて収納ケースに入れます。
ひとりでやるには片手でテーブルを持って、空いた手で収納ケースを持つワケになるのですが、ジカロテーブルの重量は10.5kg。
テーブルを持つ手はプルプル...
女性はふたりがかりじゃないと厳しいかも。


20141020_233159.JPG

収納ケースは結構薄い素材で、しばらく使っていると破けてしまいそうな感じ。
くどいようですが、10kg超の物なのでもう少ししっかりしたケースが欲しいところです。

ここまで感想は、組み立ての手間や収納の大変さ、ケースのショボさは、3万円するテーブルにしてはちょっとなぁというのが正直なところ。
脚なんかは、着脱式じゃなくパタパタの折り畳みが理想だし、ケースもスノピ幕ケース並のクオリティはないと。
ジカロテーブルのコンセプト自体は良いものだと思うので、もう一歩進んだモノを提供して欲しいです。


苦言はそこそこに、袋から出して再度組み立てます。

20141020_225800.JPG

今度は大きい焚火台セッティングに。一気に大きくなります。
このサイズだと、トルテュ内で使うには厳しいかな。


20141022_192531.JPG

焚火台セッティングというコトで、焚火台Mを中央にセッティング。(ベースプレート買ってないので同じ高さの台で代用)

FIRE HANGERの購入で、存在が危ぶまれた焚火台グリルブリッジMと焼きアミPro
ジカロテーブルとの組み合わせなら、あと10年は戦えます(笑)


ここでまた、剛炎セッティングに戻して


20141022_192148.JPG

メーカーは推奨してませんが焚火台Mがピッタリ嵌ります。
ただし、焚火台とテーブルトップの距離が近すぎて、テーブルトップがアチチになる恐れがあるのと、グリルブリッジの高さを一番高くしないとグリルブリッジとテーブルトップが干渉しちゃいます。
まぁ、どうしても場所が撮れない場合の緊急用かな。


さて、ジカロテーブルを仲間に加え、家族で焼き焼きしながら、更に楽しい焚き火LIFEを送ろうと思いま~す。



おっと、ここで締めちゃダメダメ。(『ダメよ~』の枕詞はグッと我慢w)


今回、スポオソのセールを利用したにしても、2万円をはるかに超えるテーブルを、焚き火の為だけに買うなんて酔狂は流石に持ち合わせてるワケはなく・・・

ジカロテーブルは、ひとえに、これから突入する冬キャンプに向けての投資なのです。

分る方は、前の記事時点で既に察しがついていると思うので、とっととネタバラシしちゃいましょう(笑)


20141020_231043.JPG

ジカロテーブル開口部は、アルパカストーブ(TS-77)をビルトイン!

そうです、ジカロテーブルは冬キャンプのトルテュ内で暖を取るための、アルパカのお供としてやって来たのでした。

焚火台との組み合わせは無いとは言いませんが、メインはアルパカ。
去年、トルテュ+アルパカで冬キャンを経験して思ったのが、アルパカが結構邪魔だったというコト。
で、邪魔だといって端っこに追いやると、家族4人全員がぬくぬくできない。
おまけに、子供達がトルテュ内でふざけると、アルパカをひっくり返しそうでおっかない。

なので、囲炉裏みたいにアルパカを囲いたいなぁと思うようなった次第。
最初は『ジカロテーブル?3万円!無い無い』と鼻にもかけなかったのですが、ユニフレームのIRORIは2辺がアミアミで実質2人用だし、コールマンのファイアープレイステーブルは天板の幅が狭く高さも低い、ロゴスの囲炉裏パーティテーブルFDは大きすぎでその割にはやっぱり天板の幅が狭い。
と、どれもいまひとつで、一番しっくりきたのがジカロテーブルだったのです。

去年、UFテーブル1100を買った時に、ワンアクションテーブル竹も一瞬頭をよぎったのですが、『3万円近くするの!無い無い』と華麗にスルーしたんですけどね。
アベノミクスが失速し、まだまだデフレのこのご時世、我が家のキャンプグッズは、順調にインフレが進んでおります(汗)


・・・レビューを続けましょう。

20141020_231220.JPG

このように、測ったようにピッタリとアルパカが開口部に収まりました。
五徳の高さも丁度イイですかね。
五徳の上で鍋料理なんてバッチリじゃないでしょうか。

逆にピッタリ過ぎて、テーブルトップや膝がアチチにならないかどうかちょっと心配。


おーい!モデルの出番ですよ。

20141022_193505.JPG

ジカロテーブルの高さは40cmと、2way化(結果オーライ)UFテーブル1100とだいたい同じ高さ。
フォールディングチェアに座った子供達が食事するには、ピッタリの高さです。


20141022_194016.JPG

マーベラスを使う場合には焚き火テーブルに置くことになりますが、テーブルトップの厚み分だけ低いだけで、これまた丁度イイ高さ感覚。


このところグンと冷え込んできましたが、パロインでは少し気温が上がりそう。
アルパカの出番が来るかどうかは分りませんが、とりあえずこのセット持参で参加しようと思います。

 


nice!(7)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 7

コメント 2

ginchanx_5150

これはいいですね!
お値段もかなりですが、相応に良さそう♪
by ginchanx_5150 (2014-10-25 08:50) 

katsumushi

>ginchanx_5150さん
確かにイイモノではあるんですが、相応というとチト微妙で。
製造原価がある程度分かる人間からすると、「そりゃちょっと無いよね」というのが多々あります。
ただ、このテーブルも相当な利益率のハズ・・・
by katsumushi (2014-10-26 17:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0